読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、マイルの上より。

2017年ANA SFC修行の為、様々なポイント案件やマイル取得案件を考察しながら、偶に乞食っぽいところを晒す実践型ブログです。

【フライトプランは】ハワイ旅行記 其の2 ~経由地羽田激走編~【余裕をもって】

以前の記事はこちらから【タダメシウマウマ】ハワイ旅行記 其の1~伊丹空港出発編~【優先レーンはスバラシイ】

 

さて、羽田に無事到着。

f:id:fuk-masahiko:20161029083840j:plain

しかし、合流予定の両親の姿は見えない。

うーむ、予定なら10分先に着いているはずなんだが?

 

とりあえず国際線乗り換えバス搭乗口に行こう。

 

f:id:fuk-masahiko:20161029083702j:plain

ま「すみませーん、国際線乗継バス乗降場はここですか?」

地上係員「ハイ、こちらであってますよ、パスをお出しください。」

ま「あ、その前に両親達が福岡からの便に乗って来てるんですが、もう到着していますか?ここで集合する予定なんですが…」

地「今お調べいたしますね、えーと・・・あら到着40分遅れになってますね・・・」

 

「なんですと?!?!」

 

地「申し訳ございません、どうやら福岡空港で使用機到着遅れが玉突きで発生していたようでして…」

 

オイオイ、聞いてないぞ。

乗継は80分余裕あったのにこの時点で45分しか残されていないという異常事態発生。

国内線ならいざ知らず、国際線でコレはかなり致命的。

 

んでもって係のおねーさんが最後に絶望感たっぷりの一言。

 

地「多分このANAコネクションバスは時間的に回ってこないので、一度保安エリアから出ていただいて、無料の国際線行きシャトルバスに乗っていただいたほうが早いのではないかと…」

 

えええええ・・・???

ちなみに羽田は言わずもがな広い。

一度接続をミスると時間によっては本当にジ・エンドとなる可能性がある。

ましてや両親は第2T出来て初めての羽田、どう考えても個人行動は危険だ。

 

ちょっと待ってくれよ…マイル特典の国内線は時間の選択権なかったやんけ…

そしたらこのザマ喰らうんかい、電話でもして国内線調整してもらうべきやった…

 

てか私の国際線ラウンジデビューは?みんなが言ってた美味しいカレーは?

会社直帰だからシャワー浴びたいんですけど??

つかスーツ!着替えないままワイハなの?!

 

 もう阿鼻叫喚でございます、うわーん!!

 

数十分後…

 

親「いやー、遅れた遅れた。」

ま「ばかちん、そんなこと言ってる暇ない!走るぞ!係員さん、お願いします!」

地「かしこまりました、ただ私はドメ(国内)職なのでバスにご乗車後、国際線のスタッフに引き継ぐ形となります。それではこちらへ!」

この時点でfinal callまで45分。

f:id:fuk-masahiko:20161029091805j:plain

がらんとした到着フロアを疾走!

 

息を切らしていつもの羽田到着口にぬけると国際線T行きのバスが!

よしこれに飛び乗ればいいんだな、ありがとう、係員さん!

・・・アレ?ドメ専用なはずの係員のお姉さんの姿が。

 

地「どうやら国際線の係の者が中継出来ないみたいなので私も同行いたします!」

 

・・・心強い。

f:id:fuk-masahiko:20161029093045g:plain

ANAは第2Tなので第1Tを経由せねばならず、直通が無いのがもどかしい。

 

国際線Tに着いたのは残り35分。

急いで出発フロアまで駆け上がる、てかもう一度保安検査やんけ、大丈夫かいな…

ここでやっと国際線の地上係員にバトンタッチ。

地「私の役目はここまでです、本日福岡よりの到着が遅れまして申し訳ございませんでした。それではよいご旅行を!」

 

ある種、感涙モノである。

 

代わって国際線の係の方がチェックイン済なのを確認。

 

国際係「それではキャビンクルー専用の保安検査場通させますのでご安心下さい、出発には間に合いますので。」

ま「そうですか、色々便宜を図っていただきありがとうございます。」

 

てか、搭乗員専用の保安検査場てゴールドトラックの上やんけww

 

f:id:fuk-masahiko:20161029094716j:plain

(※画像は拾いものです)

この2番保安検査レーンが本来のゴールドトラック(プライオリティーレーン)。

真隣の1番がクルー専用とな。

なんか色々複雑すぎて感情が入り乱れております。

 

私は早々に保安チェックを抜けて出国準備のパスポートを用意。

 

ん?母がなんか保安検査のX線で引っかかっている。

ま「何事や、何もってきたの・・・」

母「いやー、危険物なんて持ってきてないんだけど・・・」

保安職員「たぶん液体物ですね、100ml以上は駄目なんですよ。」

ま「一体何入れてんのさ?」

 

2 2 0 m l の シ ー ブ リ ー ズ

 

なんでこんなもん手荷物に突っ込んだ?!普通預入荷物でしょうよ?!

ま「・・・すいません、ゴミ箱ポイーでよろしくお願いします・・・」

保安「(苦笑)」

 

そら苦笑いしかでませんよ、水とかじゃなくてシーブリーズが出てくるんだから…

なんとか事なきを得て出国手続き。

本来であればここで自動化ゲートの登録を済ませたかったのですが、全くそんな時間もあるわけもなくスルー。

 

あぁ、なんとか国際線入れた…搭乗callまで残り3分という荒業。

f:id:fuk-masahiko:20161029100548j:plain

周りの免税店が眩しいぜ・・・ラウンジの文字がちらっと見えて泣けてくる。

そんなのを横目に間髪入れず搭乗開始です。

f:id:fuk-masahiko:20161029101117j:plain

f:id:fuk-masahiko:20161029101209j:plain

さぁ、ビジネスはすぐそこだ!

・・・あ、服どうしよう(汗

 

続く。

 

↓のボタン、押していただけると頑張れそうです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村